色奈さんは止まれない

生きてるだけで必死

スタートって怖い

 

いざブログを開設してみたものの、書こうと思うと思い出せない残念な思考回路。

 

だからというか、ぽつりぽつり、書き続けたい。

支離滅裂で書く、だって私自身がそうだから。

 

そもそも、何かを始めること自体が怖い。

SNSが普及した時代に生まれてよかったと思うのが、人の目を気にしなくていい事。もちろん、それゆえの誹謗中傷もあるけれど、でも私のように人目を気にしないことに救われた人も少なからずいると思う。

 

SNSは自分の気持ちに正直になれるところだった。

と、言うのも私は昔からあまり愚痴を外に出さないタイプだった。

変なプライドがあった「常に明るい子でいよう」という。そんなバカみたいなプライドが20歳を越えても付きまとってくる。

だからいつでも、どんな立場でも明るく悩みなんて抱えていないように、実家に暮らしている甘やかされた子でいた。

(実際問題そうなんだろうけど)

 

でもそれが枷になって、弱音を吐く事=そんな状況になることが怖い。

もし失敗したら、ミスをしたら、迷惑をかけたら。

そう思うと怖くて怖くて、足がすくんで、心臓を後ろから掴まれている、握りつぶすのとはまた違う、そんな恐怖が私をずっとずっと縛り付ける。

 

そもそも、他人の目が怖いからSNSに救われて、SNSに依存しそうになって、SNSに支えてもらってる人間が、人間がたくさんいるところにいる事態褒められたい、人間嫌いなのに毎日人ごみにまみれててえらい、会話をしていてえらい、えらいんだ私は。

 

自己啓発をしたいわけじゃないし、前向きになりたいけれど、後ろ向きを辞めたいわけじゃない、我ながら随分めんどくさい大人になってしまった。

 

 

子供の頃、何になりたかったんだろう。