色奈さんは止まれない

生きてるだけで必死

ずっとこれからも

 

何もない休みというのは、無駄なことをよく考えてしまう。

それが嫌で、何時も何かしら予定を立てていた。

 

 

初恋はについて思い出してしまった。

 

初めて恋をしたのは、いつだったか。

幼馴染に思いをはせて、中学卒業の時に付き合って、学校が違うからすれ違って一年未満で別れるよくある話。

 

でも、この時私は、思春期よろしく「どうしてあの人の事好きだったのに、別れた今、心が動かないんだろう。」など考えてしまった。

確かに好きだった、それは間違いようもなく本当に心からあの人の側にいたい、あの人と一緒になれたらどれだけ幸せだろう。そんなことばかり考えていた。

 

しかし、付き合ってみたら「こんなものか」という感情がいつもちらついて、別れる時も私から「別れようか」と随分軽いものだった。

 

そんな思いを抱えたままの恋愛など、うまくいくものではなくてその後付き合った人とには「思っていたよりドライなんだね」といわれ私からまた別れを切り出した。

 

ふと、別れた数日後、「私は付き合うことがゴールで、付き合ってからはどうでもよかったんだ」と、答えをだしてしまった。手っ取り早い答えを欲しがったのかもしれないけど、当時の私にはそれが一番心にストンと落ちて来て、心地良い答えだった。

そんな答えが出ると付き合う、というゴールは随分邪魔に感じて遊ぶようになった。どうでもよかったのかもしれない。

 

愛は無くてもセックスは出来るし、自分を殺して相手に合わせれば好いてもらうなんてそこまで難しい事でもない。ただ、心に虚しさはいつまでも漂っていた。

でも今でも、恋人がいなければ身体だけの関係なんて、なんとも思っていないし、もっと言えば、それの何が悪いのかピンと来ていない。遊ぶだけなら誰だっていいじゃないか。

 

それはそれでひどく楽だった、誰でもいいから、会いたいときに会える人でよかった。その時だけ私を愛してくれる、その時だけでもよかった。

軽くて、重くなくて、真剣みがなくて、適当で、手放すのも乗り換えるのも、簡単で楽なインスタントな恋愛はそれはそれで、幸せだった。

 

そんな中、出会った今の恋人。

初めて「わたしだけ」を望んだ人。

別れたくない、手放したくない。泣くほど愛しい人に会えるなんて思っていなかった。

私はどうしようもない女だから、どうしようもない恋愛しかできないと思っていた。

 

でも、でもあの人に出会えたことで私の心に虚しさは無くなり、穏やかな幸せが常に心を温めてくれる。

私だけを愛してくれる愛しさ、切なさ、苦しさ、その思い全てに恋をして愛している。

 

あなたの瞳が私を捕まえてくれた。

 

 

誰よりも愛してるから、どうかそのまま私を好きでいて。

 

あなたが私の一番です。