色奈さんは止まれない

生きてるだけで必死

変わらなきゃ

二年ほど、風俗に身を置いていた。

 

風俗と言ってもアダルトチャットのチャットレディーというジャンルで、気になる人はDMMとか見てもらったら分かると思う。

 

「簡単お小遣い稼ぎ♪」

 

なんて阿保みたいなうたい文句にホイホイ乗った阿保。

いざとなったらやめればいいや、逃げればいいや、ちょっと稼げればいいや。そんなノリで。

 

 

と、人には言うけれど。

 

 

本当はどこかへ行きたかった。

私を知らない人がたくさんいて、私は私を捨てて、別の何かになりたかった。

「優しくて面倒見が良くて、ちょっとうっかりするドジな女の子」な私を演じなくていい所へ、私は行きたかったんだ。

 

 

 

風俗だから稼げるかどうかは、運と顔と事務所によると思う。

私は顔と運が悪くて二年でやめたけど、チャットレディーは結構息の長い仕事、だと思う。触れることが出来ないぶん、年齢も偽りやすい、私がいた事務所でも7年くらい続けている人もいた。あの人は元気だろうか。

 

危なかったことは一度もなかった、女の子に甘いくらい優しい事務所。

こういうのもアレだけど、あの場所は本当に心地よかった。あの場所にいたとき、それなりに悩んで努力して結果にならなくて、励ましてもらって「大丈夫」という言葉をかけてもらって、本当に助かった。

 

「ここは通過点」

 

風俗に来る女の子の大半は社会人として未熟な子が多い。

その子たちがここでの経験を将来に生かしてほしいと、スタッフに言われたことがあった。目上の方には正しい敬語を、気遣いの仕方を、困った時の逃げ方を、それらはいつか必ず役に立つから。と。

 

幸か不幸か、私の客という人たちはいい人が多かった。

アダルトチャットというジャンルはお客さん側は顔も声も出さなくていいから、ボロボロに言ってきたり、去勢を張ってえらく見せてくるやつが大半だが、私の場合はあまりそういう思いもせず、良い人が多かった。事務所の人にも驚かれた。

 

「ありがとう、元気が出た」

 

そういってもらえること、それが一番うれしかった。

その一言が欲しくて相手の事を考えて、私は生きた。

 

辞めた理由は簡単で、恋人が出来てチャットに集中できなくなり、相手がいるというのにそれが出来なくなって、申し訳なくなって、稼げなくなって、終わらせた。

 

 

何に関してもだけど、終わるときというのは随分あっけない。どこか他人事のような気もする。

「終わったんだ」

その事実を脳みそが咀嚼するのに時間がかかる気がする。

現に今ようやくその事実がリアルになってきた。

辞めて1か月ぐらいは生活習慣もぐちゃぐちゃで体調も崩してた。

 

やってよかった。

いい経験だった、と思う。

他人にはもちろんすすめないし、友達がやるなんて言い出したら全力で止めるし、決して胸を張れることではないけど、私はよかった。

 

あの場所にいて、良かった。

 

でも、その「よかった」という思い出に

浸り続けちゃダメなんだ。